現実と妄想を混同しがちな人のブログ

真に受けちゃダメだよ。

安眠できないので一人で寝かせてください

世間ではMWの考察もひと段落つき、フリラにて初披露も終わり、このやや落ち着いたタイミングでもう一度聞いて欲しい。


ともやみずきさんのの添い寝CD(第2弾)を


オタクのみんなはもう聞いたよね?クロスフェードの段階でハァハァしてるーーー!!!!とわたしの周辺をざわつかせ、前作より踏み込んだ内容とのことでバッチバチに期待された今作。

看病編とのことでともやさんの包容力が遺憾無く発揮されてるぅ!体調を崩した時に聞けばたちまち元気になっちゃうなぁ〜オタクって単純♡


でも本当にそう?

ともやさんが優しく看病してくれる。本当にそれだけ?

わたしは一つのセリフが引っかかって仕方がないんだよね。

***当然のようにネタバレ含みます***






「お願い、あーんして?」

これよこれ。そんなお願いされたらされるがままにあーんするよなわかる。するわ。その上「上手に食べれたね」って保育ですか?わたし3歳だったかな???


でもね違うんだよ。あーんという行為はする側が圧倒的イニシアチブを握った行為。あーんされる側はする側に支配されると行っても過言ではないその状況を「お願い」することにより悟られずに成立させるなんて……

風邪引いてるって報せを受けてあそこの薬局に寄って、大丈夫かな?何時間ならいれるかな?と到着して思ったより大丈夫そうな彼女にほっと一安心。いつもの通りに恥ずかしがる彼女にちょっとしたイタズラ心が湧いちゃってちょっと無理を言ってみる。従ってくれる彼女に小さな征服欲を満たすの美味しすぎない???

この視点から聞くと「上手に食べれたね」も違う意味を含んで聞こえてくること間違いなし。わたしはそういう風にしか聞いていないし、ここのくだりだけ死ぬほどリピートしてるし、最後のアレよりこのくだりのほうがよっぽど…いやなんでもないです大丈夫。

 

次回は第1弾と第2弾で彼女が違う疑惑浮上!をテーマにお届けしたいと思います(書きません)